育毛・発毛サプリメントを飲むタイミングについて

育毛サプリメントを摂取するタイミングのベストはいつなのか。正しい摂取方法を見習うことで、効果がかわってくるのでここは重要です。結果から言うと、育毛サプリは食後に飲むのが最も良いです。なぜなら、栄養の体内への吸収が関係するからです。
栄養の吸収が最も良いのが食後です。

 

では、一度の食後にまとめて一日の摂取量を飲んで良いのでしょうか。

 

可能であれば朝昼晩の食後で分けて摂取しましょう。栄養の体内への一度の吸収量は限られているのです。一度の栄養吸収の限度をこえると、栄養は体外に排出されるのです。

 

まとめて飲む必要があるのなら、一番良いのは夕食後です。

育毛剤の一般的な成分について、解説します。

最初に説明するのは、男性型脱毛症を予防する効果がある成分です。
ジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症の原因となります。

ジヒドロテストステロン抑制効果がある、有名なものはフィナステリドです。

プロペシアとして呼ばれているのが、医薬品のフィナステリド製剤です。

 

市販されている医薬部外品においても、同じような働きの成分が含まれています。

 

具体的にいうと、チョウジエキス、ビワ葉エキスやオウゴン抽出液、ヒオウギ抽出液、キャピキスル等があります。

亜鉛、イソフラボンやノコギリヤシも、似た効果があるとされ、これらは育毛サプリメントによく配合されている成分です。発毛作用があるとして有名な成分は、ミノキシジルです。

 

似たようなものとして、ニンジンエキス、海藻抽出液、センブリエキスやゲンチアナ抽出液やキャピキシル等があります。よく育毛剤といわれますが、種類でわけると5種類となります。発毛剤、発毛促進剤、育毛剤、養毛剤、スカルプエッセンスがあります。発毛剤ですが、これは医薬品であり、一番効果があります。次に効果が期待できるのが、医薬部外品の育毛剤です。厳密な定義がないのが発毛促進剤です。スカルプエッセンスと養毛剤は化粧品に分類されます。

 

スカルプエッセンスは化粧品ですが、成分のキャピキシルが医薬部外品であると認められていないためです。

キャピキシルの効果としては、毛母細胞活性化、およびジヒドロテストステロンの抑制が期待されています。

養毛剤の目的は、主に抜け毛の予防と頭皮ケアにあります。

育毛剤と育毛シャンプーの中間のような商品が養毛剤なので、育毛剤の方がおすすめかなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です