育毛剤の詳細分類を説明

よく育毛剤といわれますが、種類でわけると5種類となります。

 

発毛剤、発毛促進剤、育毛剤、養毛剤、スカルプエッセンスがあります。

 

発毛剤は医薬品となり、この中で最も効果が期待できます。

 

次に効果が期待できるのが、医薬部外品の育毛剤です。

 

厳密な定義がないのが発毛促進剤です。

スカルプエッセンスと養毛剤については化粧品の一種です。
スカルプエッセンスは化粧品ですが、成分のキャピキシルが医薬部外品であると認められていないためです。
キャピキシルは、毛母細胞の活性化とジヒドロテストステロン抑制の二つの効果が期待されています。

 

養毛剤の目的は、主に抜け毛の予防と頭皮ケアにあります。育毛剤と育毛シャンプーの中間のような商品が養毛剤なので、育毛剤の方がおすすめかなと思います。

一般的に育毛剤に含まれている成分を、ここでは説明します。

 

一つ目として、男性型脱毛症予防効果が期待できる成分の解説です。

ジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症の原因となります。
ジヒドロテストステロン抑制効果がある、有名なものはフィナステリドです。フィナステリド製剤は医薬品ですが、プロペシアと呼ばれています。市販されている医薬部外品においても、同じような働きの成分が含まれています。具体的にいうと、チョウジエキス、ビワ葉エキスやオウゴンエキス、ヒオウギ抽出液、キャピキスル等があります。
イソフラボンやノコギリヤシや亜鉛も同様の働きがあるとされますが、こちらは育毛サプリメントに配合される成分です。発毛作用があるとして有名な成分は、ミノキシジルです。

ニンジンエキス、センブリエキスや海藻エキス、ゲンチアナエキスやキャピキシル等が似たような成分として有名です。
育毛剤、なんていうと男性用の商品に聞こえてしまいますが、女の人専用の商品もあるんです。
異性間では毛髪が薄くなる原因が違っていますから、男女両方で使用できる汎用の育毛剤を使うよりも女の人のみに対応しているものの方が育毛剤の真価を体験できるかと思います。

 

ですが、当たり前のことながら男女どちらでも使える商品を使ってその効果を実感できる方もいますので、その商品が自分に合ってるかどうかによっても異なります。

「あれ?薄くなってる?」と気づいたら少しでも早く育毛剤を使用することが薄毛対策には重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です