男性用と女性用の育毛剤の違い

育毛剤は男性をターゲットにしていると思われがちですが、実は女の人専用の商品も売られています。異性間では毛髪が薄くなる原因が違っていますから、男性用、女の人用で分けられていないタイプの育毛剤を使用するよりも女の人の髪に合った商品を使われた方がより効果が現れるでしょう。
しかし、当たり前ですが、男性・女の人両方で使えるものを使用して効き目がある人も、中にはいらっしゃるため、商品と髪の質との関係にもよります。もしかして、薄毛かもしれないと思われたら気づいたその時に育毛剤を使ってみることがあなたの髪を守ることに繋がります。一般的に、育毛サプリメントに含まれている成分を、今から説明します。
第一として、男性型脱毛症予防効果が期待される成分の解説です。

ジヒドロテストステロンが、男性型脱毛症を引き起こしています。

育毛サプリメントに良く配合されている成分でよくあるノコギリヤシエキスは、ジヒドロテストステロン抑制を目的としています。

 

ノコギリヤシと同様の効果が期待される成分として、イソフラボンや亜鉛、フィーバーフューが有名です。次に、血流を改善する成分も発毛を促すためにはとても大切です。髪の毛の構成要素となる成分のBCAAは、必須アミノ酸のイソロイシンやロイシン、バリンです。

イソフラボンとカプサイシンがIGF理論というもので、発毛を促すサプリも登場しています。
ケラチン、ミレットエキスで髪のタンパク質を補給し髪の合成に力をいれるものもあります。これまでに書いた成分を食事だけでとろうとするとかなり困難です。

いわゆる育毛剤というものは、大きく分けて5種類あります。

 

育毛剤、発毛剤、養毛剤、発毛促進剤、スカルプエッセンスです。

発毛剤ですが、これは医薬品であり、一番効果があります。育毛剤は医薬部外品となり、次に効果が期待できます。

 

厳密に定義されているわけではないのが発毛促進剤です。スカルプエッセンス、養毛剤は化粧品の一種です。

スカルプエッセンスの成分であるキャピキシルは、医薬部外品の成分であると認められていないので、化粧品となります。キャピキシルは、毛母細胞の活性化とジヒドロテストステロン抑制の二つの効果が期待されています。
養毛剤の目的は、主に抜け毛の予防と頭皮ケアにあります。
養毛剤は育毛剤と育毛シャンプーの間のような感じでどちらかというと育毛剤がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です