育毛剤の主な配合成分について

育毛剤の主な配合成分をこれからせつめいします。最初に説明するのは、男性型脱毛症を予防する効果がある成分です。

男性型脱毛症は、ジヒドロテストステロンが原因となります。ジヒドロテストステロンを抑制するとして有名なのが、フィナステリドです。プロペシアという名前の医薬品が、フィナステリド製剤となっています。同じような働きをする成分は、市販されている医薬部外品などに含まれています。
具体的には、チョウジエキスやオウゴン抽出液、ビワ葉エキス、ヒオウギエキス、キャピキスルなどがそれにあたります。さらに育毛サプリメントによく配合されるノコギリヤシや亜鉛、イソフラボンも同様の働きがあります。

 

発毛作用があるとして有名な成分は、ミノキシジルです。ニンジンエキス、センブリエキスや海藻抽出液、ゲンチアナエキスやキャピキシル等が似たような成分として有名です。「育毛剤なんてオジサンが使うものでしょ」なんて思っていませんか?今では女の人専用の育毛剤もあるんです!男と女、性別が違うのですから当然毛が薄くなる原因も違うため、育毛剤の中で、男女兼用として開発されたものを使うよりも女の人のために開発された育毛剤の方が成果が出やすいということがあります。だからと言って、当然、男女兼用の汎用育毛剤を使って効き目がある人も、中にはいらっしゃるため、商品と髪の質との関係にもよります。

最近、ちょっと髪が抜けすぎかもと悩みはじめたらまだ大丈夫!なんて思わず、早めに育毛剤を使ってみてください。

 

よく育毛剤といわれますが、種類でわけると5種類となります。
発毛剤、発毛促進剤、育毛剤、養毛剤、スカルプエッセンスがあります。

 

発毛剤は医薬品となり、この中で最も効果が期待できます。

育毛剤は医薬部外品となり、次に効果が期待できます。

厳密に定義されているわけではないのが発毛促進剤です。
スカルプエッセンスと養毛剤については化粧品の一種です。

スカルプエッセンスが化粧品なのは、含まれているキャピキシルが医薬部外品の成分として、認められていないためです。
キャピキシルは、毛母細胞の活性化とジヒドロテストステロン抑制の二つの効果が期待されています。抜け毛の予防と頭皮ケアと目的とする化粧品が、養毛剤です。

 

養毛剤は育毛剤と育毛シャンプーの間のような感じでどちらかというと育毛剤がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です